殺人発生度・平和度『アメリカ編』/旅の指標
| その他

その他

北米、中米、南米の国々の殺人と平和の状況を調べてみた。

 

 

 

殺人発生度・平和度とは…

 

殺人発生度とは、人口10万人当り殺人件数で、出所は国連の犯罪調査統計。

平和度とは、24項目(殺人事件の数、対外戦・内戦の数、重兵器の数等)ポイント化で、出所はイギリスのエコノミスト紙。

 

アメリカ(北米、中米、南米)諸国の順位

 

北・中・南米諸国の他に、比較対象として、先進7か国(G7、表中青字)も掲載。

総合順位で並べている(殺人件数が少なく、かつ平和な国の順に並んでいる)。


注記)
殺人発生度は、155カ国のデータがあり、表示順位は155カ国中のもの。
平和度は、163カ国のデータがあり、表示順位は163カ国中のもの。
総合順位=(殺人発生度の逆順位+平和度の順位)÷2

 

その他の指標

 

外務省の『海外安全ホームページ』の“海外安全情報”タブにも危険度表示(レベル1~4)がある。↓

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました