ブルガリア/湿潤大陸性気候(冷帯)
| 予備情報

ブルガリアは、大部分が北海道と同じ湿潤大陸性気候(冷帯)。

 

 

国旗/

 

ロシアの国旗に影響を強く受け、青を緑に変えたものを使用している。
白は純潔と諸国間の平和と親善を、緑は農業と豊かさを、赤は愛国心を表している。
1878年制定。

 

 

人口/

 

700万人(2019年、世界銀行)

01 ソフィア 120万人
02 プロヴディフ 33万人
03 ヴァルナ 33万人
04 ブルガス 20万人
05 ルセ 14万人
06 スタラ・ザゴラ 13万人
07 プレヴェン 10万人
08 スリヴェン 9万人
09 ドブリチ 9万人
10 シュメン 9万人

以上、上位10都市を掲載。
2011年値。

 

 

 

首都/

 

ソフィア

 

 

位置(気候帯)・気温・降水量/

 

ブルガリアは、北緯41~44度に位置する(北海道は、北緯41~45度)。
緯度1度≒111km
面積は日本の約3分の1。
ソフィア…北緯42度(冷帯(湿潤大陸性気候Dfb))

出所:気象庁

 

 

物価/

 

ソフィア~180位/調査209都市中
参考.東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 

 

民族/

 

ブルガリア人(スラヴ系)…83.9%
トルコ人…9.4%
ロマ人…4.7%
etc.
(出所:2001年センサス)

 

 

著名人/

 

 

 

民族衣装等/

 

スクマーン

スクマーンを着てバラ摘みをするブルガリア人

 

 

言語/

 

公用語…ブルガリア語

 

 

宗教/

 

キリスト教…84%
イスラム教…12%
出所:2001年センサス

 

 

一人当たりGDP/

 

9,919ドル(2020年、世界67位)
参考:日本~40,146ドル(2020年、世界23位)
以上、IMF統計に基づく。

 

 

通貨/

 

レフ(lev)(複数形~レヴァ(leva))
国際通貨コード~BGN
1レフ = 67.19円
(2021年7月現在)

 

 

レートが良い両替所/

 

マイナーな通貨の場合、日本での両替場所は限られる。
また、日本円も国によってはマイナーな通貨である。
円をレフに両替する場合は、日本でユーロを用意して、現地でユーロをレフに両替するのが良い。
現地の両替所は、「exchange」の表示。

 

 

主な国際空港/

 

ソフィア空港
(日本直行便なし)

 

 

主な就航都市(日本)/

 

 


アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

 

 

ホテル代の目安/

 

4,140円/1泊、ソフィア

(3つ星以上、クチコミ評価7以上、朝食込み、部屋タイプはシングル以上(withアゴダ))

 

 

主な都市間交通/

 

主な都市間交通は、鉄道、バス。

 

≪鉄道≫

ブルガリア国鉄(BDZ)が主要都市間を連絡している。
管理路線総延長は、4,050km。
(日本は、鉄道総延長が26,435kmで、国土面積がブルガリアの約3倍。)

例.

ソフィア Sofia → プロブディフ Plovdiv(156km)

時刻・時間
08:30 → 11:12 (2h42m)

料金
BGN 9.15~

時刻・料金検索は、こちら(ブルガリア国鉄のサイト)。

 

≪バス≫

例.

ARDA TUR

ソフィア Sofia → プロブディフ Plovdiv

時刻・時間
13:30 → 15:20(1h50m)

料金
BGN 14

時刻・料金検索は、こちら(ARDA TURのサイト)。

 

 

世界遺産/

 

世界文化遺産

 

ボヤナ教会
マダラの騎士
カザンラクのトラキア人の墳墓
イヴァノヴォの岩窟教会群
ネセバルの古代都市
リラ修道院↓

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓

 

世界自然遺産

 

スレバルナ自然保護区
ピリン国立公園

 

世界複合遺産

なし

 

 

チップの習慣/

 

あり。
ちょっとしたサービスを受けたときは1Lv程度、タクシーだとおつりの小銭を渡す程度、が目安。
(一人当たりGDPは日本の1/4程度なので、1Lvは日本の268円の感覚。(1Lv=67円だと))

 

 

ビザ/

 

日本国籍保持者は、90日以内の滞在であれば、不要。

 

 

パスポート/

 

入国時に、有効期間が出国予定日から3か月以上残っていること。

 

 

その他/

 

滞在費所持(滞在1日当たり最低50ユーロ相当)を問われたり、医療保険(EUで有効な補償額3万ユーロ以上のもの)の証書の提示を求められたりすることがある。
(出所:在ブルガリア日本大使館)

 

 

 

 

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました