カンボジア
=暖かい国をピックアップ=
| 予備情報

カンボジア王国は、熱帯(サバナ気候)。

国旗

旗の中央には国のシンボル、アンコールワットが仏教を象徴する白で描かれている。
青紫は王室の権威を、赤は国民の忠誠心を表している。

 

人口

1,625万人(2018年)
プノンペン   ~ 147万人
タクマウ    ~  21万人
バタンバン   ~  20万人
シソポン    ~  19万人
シェムリアップ ~  14万人
コンポンチャム ~  12万人
シアヌークビル ~  10万人
以上、10万人以上を掲載。
位置は下図を参照。

 

首都

プノンペン

 

位置(気候帯)


プノンペン   ~ 北緯11度 (熱帯、サバナ気候)
タクマウ    ~ 北緯11度
バタンバン   ~ 北緯13度
シソポン    ~ 北緯13度
シェムリアップ ~ 北緯13度
コンポンチャム ~ 北緯11度
シアヌークビル ~ 北緯10度

緯度1度≒111km

 

気温と降水量

プノンペン

参考、東京

出所:気象庁ホームページ「世界の気候」

 

物価

プノンペン~109位/調査209都市中
参考:東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 

民族

クメール人     ~ 86%
ベトナム人     ~   5%
華人        ~   5%
チャム族等少数民族 ~   4%

 

著名人

ノロドム・シアヌーク国王

 

民族衣装等

サンポット

 

言語

クメール語が国語および公用語となっている。

សូមអរគុណ(ありがとう)

 

 

宗教

上座部仏教が憲法で国教と定められており、国民の9割以上が信徒。

 

一人当たりGDP

1,620ドル(2019年、世界154位)
参考:日本~40,256ドル(2019年、世界25位)

 

通貨

リエル
1リエル=0.026円(2020.1月)

 

レートが良い両替所

公式通貨はリエルだが、実際日常的に使用されているのはUSドルがメイン。
カンボジア国内でレートが良いのは両替所。
よって、日本国内でUSドルを用意しておいて、リエルが必要であればカンボジア国内の両替所でUSドルを両替。

 

主な国際空港(日本直行便あり)

プノンペン国際空港

 

主な就航会社(日本直行便あり)

全日空(成田)

 

主な都市間交通

≪鉄道≫

北線および南線の2つの路線がある。

●北線
主要駅:
プノンペン~プルサト~バタンバン~ポイペト(全区間385km)~タイ国のアランヤプラテートに接続
旅客列車は週1往復

●南線
主要駅:
プノンペン~タケオ~カンポット~シアヌークビル(全区間267km)
旅客列車は週4往復
料金:
プノンペン→シアヌークビル、USD_8.00、7hr

≪バス≫

料金例
プノンペン→シアヌークビル
Virak Buntham 社
9:00-14:00(5h)
USD 10.50

≪飛行機≫

料金例
プノンペン→シアヌークビル
カンボジア・アンコール航空
16:20-16:55(35m)
9,189円

世界文化遺産

・アンコール(inシェムリアップ)
・プレアヴィヒア寺院(inカンボジア北部タイ国境にあるプレアヴィヒア州)
・古代イシャナプラの考古遺跡 サンボー・プレイ・クックの寺院地区(inシェムリアップとプノンペンの中間にあるコンポントム州)

プレアヴィヒア寺院↓

<a href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Preah-vihear.jpg”>William Brehm</a>, <a href=”https://creativecommons.org/licenses/by/2.0″>CC BY 2.0</a>, via Wikimedia Commons

世界自然遺産

世界複合遺産

チップの習慣

なし。

ビザ

観光目的で滞在する人は「ツーリストビザ」が必要。
「ツーリストビザ」はさらにシングルとマルチプルの2種類に分かれており、シングルはビザの有効期間中入国が1回のみ可能。
マルチプルは、有効期間中なら最大1ヶ月の滞在であれば何回でも入国が可能で、1,2,3年から選べる。

パスポート

残存期間は出国時3ヵ月以上必要(要往復航空券)。

 

 

 

スカイスキャナー

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました