チリ/北部は乾燥帯、中部および南部は温帯
| 出発前予備情報

 

 

 

 

国旗/

 

赤は独立のときに流した血を、白はアンデスの雪を、青は海と空を、星は国の統一への願いを表している。

 

 

人口/

 

1,895万人(2019年、出所:世界銀行)

01. サンティアゴ・デ・チレ Santiago de Chile 656万人
02. バルパライソ Valparaíso 96
03. コンセプシオン Concepción 79
04. ラ・セレナ La Serena 41
05. アントファガスタ Antofagasta 37
06. テムコ Temuco 31
07. ランカグア Rancagua 27
08. アリカ Arica 22
09. タルカ Talca 22
10. プエルト・モント Puerto Montt 21

(2016年値)

 

 

 

首都/

 

サンティアゴ・デ・チレ

 


アルマス広場

 

 

位置(気候帯)・気温・降水量/

 

南緯17~56度(緯度1度≒111km)
国土の北部はアタカマ砂漠の乾燥帯、中央部および南部は温帯。
面積は、日本の2倍。

出所:気象庁

 

 

物価/

 

サンティアゴ ~ 134位/調査209都市中
参考.東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 


モネダ宮殿(サンティアゴ)

 

 

民族/

 

ヨーロッパ系白人…5割
メスティーソ(白人と先住民の混血)…4割
etc.

 

 

著名人/

 


イバン・サモラーノ

 

 

民族衣装等/

 

 

 

言語/

 

公用語…スペイン語

ありがとう → Gracias

 

 

宗教/

 

キリスト教…国民の9割弱
etc.

 


木造のサン・フランシスコ教会(チロエ島)

 

 

一人当たりGDP/

 

12,990ドル(2020年、世界58位)
参考:日本~40,146ドル(2020年、世界23位)
以上、IMF統計に基づく。

 

 

通貨/

 

チリ・ペソ(CLP)
1チリ・ペソ(CLP)=0.14円
(2021年8月現在)

 

 

レートが良い両替所/

 

チリ現地では、日本円からチリ・ペソへの両替はほとんどできない。
よって、メジャー通貨であるドルからの両替となる。
メジャー通貨であるドルは、日本で両替していくことが無難でおすすめ。
なお、日本でも円をチリ・ペソに両替はしにくい。

 


サンティアゴ中央市場

 

 

主な国際空港/

 

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ国際空港)
日本直行便なし。

 

 

主な就航都市(日本)/

 

 

 

ホテル代の目安/

 

4,039円/1泊(サンティアゴ・デ・チレ)

(3つ星以上、クチコミ評価7以上、朝食込み、部屋タイプはシングル以上(withアゴダ))

 

 

主な都市間交通/

 

バス

 

バス会社は多い。

例.Pullman Bus(チリ全土をフォローしている大手バス会社)

Santiago(TERMINAL BORJA) → Puerto Montt

時刻(時間)
07:00 -(15h30m)→ 22:30
料金
$42.000
時刻・運賃検索↓

Pullman bus
Bienvenido a Pullman Bus. Somos una de las grandes empresas de transporte terrestre en Chile, con más de 74 años de experiencia en el rubro

 

飛行機

 

サンティアゴ SCL → プエルトモント PMC

会社
スカイ航空
時刻(時間)
8:04 -(1時間46分)→ 9:50
料金
¥4,880
(with skyscanner)

 

 

世界遺産/

 

●世界文化遺産

ラパ・ヌイ国立公園
チロエの教会群
バルパライソの海港都市の歴史的街並み↓

ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群
スウェルの鉱山都市
アンデスの道路網カパック・ニャン

●世界自然遺産

なし

●世界複合遺産

なし

 

 

チップの習慣/

 

ある。
目安は、ホテル室内清掃が1000チリ・ペソ程度。

 

 

ビザ/

 

日本とチリとの間には査証相互免除取り決めが結ばれてる。
日本人がチリに入国する場合、チリ人が日本に入国する場合、3ヶ月以内の滞在で収入を伴わない観光、通過等の目的の場合は、互いに査証は不要。
(出所:在チリ日本国大使館)

 

 

パスポート/

 

パスポートの残存有効期間は滞在日数以上あれば問題ない。

 

 

危険情報/

 

外務省海外安全ホームページによると、チリ全土にレベル1の危険情報が出ている(2021.9月現在)。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

レベル1:十分注意してください。
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

 

 

以上

 

 

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました