キューバ
/熱帯サバナ気候
| 予備情報

キューバ共和国は、熱帯サバナ気候。

 

 

国旗/

 


赤は独立のために流された血と正義と力を、白は独立の精神を、3本の青い線は独立時の3州を、白い星は輝かしい未来を、三角形は自由、平等、博愛を表している。

 

人口/

 

1,134万 (2018年)

_1.ハバナ La Habana 2,125,320
_2.サンティアーゴ・デ・クーバ Santiago de Cuba 433,527
_3.カマグエイ Camagüey 304,738
_4.オルギン Holguín 292,581
_5.グアンタナモ Guantánamo 217,235
_6.サンタ・クララ Santa Clara 215,053
_7.ラス・トゥーナス Las Tunas 167,355
_8.バヤモ Bayamo 158,905
_9.シエンフエーゴス Cienfuegos 149,145
10.ピナール・デル・リオ Pinar del Río 142,689

以上、上位10都市を掲載。
2015年値。

 

 

首都/

 

ハバナ

 

位置(気候帯)/

 

ハバナ…北緯23度(熱帯)

 

気温と降水量/

 

ハバナ

参考
東京

出所:気象庁

 

物価/

 

ハバナ~123位/調査209都市中
参考.東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 

民族/

 

ヨーロッパ系25%、アフリカ系25%、混血50%

 

著名人/

 

フィデル・カストロ(元国家元首)

 

民族衣装等/

 

グァジャベーラ(GUAYABERA)

 

言語/

 

公用語…スペイン語

Gracias(ありがとう)

 

 

宗教/

 

カトリックとアフリカ宗教が中心だが、無宗教の人も多い。

 

一人当たりGDP/

 

9,296ドル(2019年、世界90位)
参考:日本~40,063ドル(2019年、世界33位)
以上、国連統計に基づく。

 

通貨/

 

キューバ・ペソ(CUP、現地では‘カップ’と呼ばれる)
1CUP=4.4円(2021年2月)
1米ドル=24ペソに固定されている。
補助通貨はセンターボ(1ペソ=100センターボ)。

2020年末までは、CUPとCUCの2種類の通貨があった。
CUPは公務員給与の支払いなどで、CUCは外国人向けの観光業などで使われていたが、2021年1月1日にCUPに統合された。

 

レートが良い両替所/

 

カデカCADECAと呼ばれる両替所が一般的で安心。
ハバナ市内の両替所では円現金の両替ができる場所は多いが、地方などではできない場合もある。
カナダドルやユーロは円よりも両替できる場所が多いので持参しておくと安心。
レートはどの通貨で両替しても為替手数料としてとられる割合は一緒(注意:米ドルはさらに10%増し)。

 

主な国際空港/

 

ホセ・マルティ国際空港(inハバナ)

市内中心部(距離15km)へのアクセスは次のとおり。

≪タクシー≫
●乗り場:
到着ロビーを出たところ。
●所要時間:
約30分
●料金:
600~700CUP

≪ローカルバス≫
●路線:
12番、プラザ・レボリューション経由オールドハバナ行き
●所要時間:
1時間
●料金:
CUP1
●乗り場:

ターミナル3からターミナル2へはシャトルバス(料金~CUP1)で移動。

●降り場:

赤印のところ(Parque El Curita公園の東側、)は、飛行場行きバスの乗り場。
降り場もこの近辺にある。

 

主な就航会社/

 

 

主な都市間交通/

 

≪鉄道≫
国有会社・キューバ鉄道(Ferrocarriles de Cuba, FCC)が旅客輸送と貨物輸送を担っている。
総延長4,226kmで西インド諸島における随一の鉄道事業者である。

≪バス≫
ビアスール(Viazul)社のバスで各地に行くことができる。
バスターミナルは下図参照。

 

 

世界文化遺産(7)/

 

♦ハバナ旧市街とその要塞群
♦トリニダとロス・インヘニオス渓谷
♦サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城↓

♦ビニャーレス渓谷
♦キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観
♦シエンフエーゴスの都市歴史地区↓

♦カマグエイ歴史地区

 

世界自然遺産(2)/

 

グランマ号上陸記念国立公園
アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園

 

世界複合遺産(0)/

 

なし

 

チップの習慣/

 

かつてはチップの習慣はなかったが、個人営業が認められてからサービス料やチップが慣習となった。
状況に応じてチップが必要となるが、おつりの端数を置く程度で問題ない。

 

ビザ/

 

観光目的の場合は、「ツーリスト・カード」を在日キューバ大使館または旅行代理店などから購入すれば、原則として1回30日以内(30日間の延長可能)の滞在が認められる。

 

パスポート/

 

入国時6ヶ月以上+滞在日数の残存有効期間が必要。

 

その他/

 

米国を経由してキューバなど他国へ入国する場合はESTA(エスタ)申請が必須。

 

 

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました