デスティニーズ・チャイルド
| favorite music

音楽

 

ビヨンセがキャリアをスタートさせたR&Bグループ、デスティニーズ・チャイルド

 

 

アーティスト名:

デスティニーズ・チャイルド
ジャンル:

 R&B、ヒップホップ、ポップ、ソウル
出身地:

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
活動期間:

 1990年 – 2005年
メンバー:ビヨンセ(1990年 – 2005年)
ケリー・ローランド(1992年 – 2005年)
ミシェル・ウィリアムズ(2000年 – 2005年)
ラターヴィア(1990年 – 2000年)
ラトーヤ(1993年 – 2000年)
ファラ(2000年)

略歴:

オリジナルメンバーは4人組(ビヨンセとラターヴィアが1990年にグループを結成し、1992年にローランド、1993年にラトーヤが加入し、カルテットを結成)。

結成当時のグループ名は「Girl’s Tyme」。


ビヨンセの父マシューは彼女らの夢を叶えるためゼロックスを退職し、マネージャーに専念することを決意。

グループ名を聖書からの引用で「デスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child:運命の子)」と変える。

1997年映画『メン・イン・ブラック』のサウンドトラックに収録された「キリング・タイム」(Killing Time)が評判を呼び待望のデビューとなり、1998年にデビュー・シングル「ノー、ノー、ノー パート2」(No, No, No Pt. 2)が全米チャートで3位、R&Bチャートで1位の大ヒット。

同年に発売のデビュー・アルバム『デスティニーズ・チャイルド』(Destiny’s Child)は、ゴールド・アルバムに選ばれる。

2ndアルバム『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』(The Writings On The Wall)は、1999年7月に発表。

アルバムからのファースト・シングル「ビルズ・ビルズ・ビルズ」(Bills, Bills, Bills)は、全米ビルボードシングル・チャートで1位、R&Bチャートでは9週1位を獲得。

2ndアルバムは、全米で700万枚、世界で1000万枚を売り上げた。

ラターヴィアとラトーヤはマネージャーのマシューが待遇面でビヨンセとローランドを優遇することから不満を募らせていたところ2人は突如グループから脱退させられる。

2000年2月、ミシェル・ウィリアムズとファラの2人が正式に新メンバーとして加入するが、ファラは怠惰な私生活を理由に解雇される。

7月以後の活動は3人編成となり、映画『チャーリーズ・エンジェル』の主題歌「インディペンデント・ウーマン」(Independent Women)が全米ビルボード・チャートで11週連続1位の大ヒットとなる。

2001年、3rdアルバム『サヴァイバー』(Survivor)はメンバーのビヨンセ初の本格プロデュースで、初の全米1位を獲得し、世界14か国でも1位となった。

同年末に活動休止。

3年の休眠期間を経て、2004年、4thアルバム『デスティニー・フルフィルド』(Destiny Fulfilled)を発表。

2005年、ワールドツアー中に突然解散を表明。

人気絶頂の中、解散。

主な作品:【スタジオアルバム】​

 ● Destiny’s Child (1998年2月)全米67位 全英45位
 

●The Writings On The Wall (1999年7月)全米5位 全英10位

「Bills, Bills, Bills」↓

 

 

●Survivor (2001年5月)全米1位 全英1位

「Survivor」↓



「Independent Women」↓

 ●Destiny Fulfilled (2004年11月)全米2位 全英5位
  
 【ベストアルバム】

 ●#1’s(ナンバーワンズ)(2005年10月)全米1位 全英6位
 ●Playlist: The Very Best of Destiny’s Child (2012年9月)
 ●Love Songs (2013年1月)
 
  
  
その他:
  
  

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました