フォスター・ザ・ピープル
| favorite music

音楽

ロサンゼルス出身のインディー・ポップバンド、フォスター・ザ・ピープル。

 

 

 

 

アーティスト名/

 

Foster the People

 

メンバー/

 

Mark Foster(ボーカル)
Sean Cimino(ギター)
Isom Innis(キーボード)
Mark Pontius(ドラム)

 

活動期間/

 

2009 – 現在

 

結成地/

 

アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

 

ジャンル/

 

indie pop
alternative rock
indie rock
dance-pop
indietronica
neo-psychedelia

 

略歴/

 

2002年

マーク・フォスターは、高校を卒業後、音楽のキャリアを追求し始める。

2008年

フォスターは、Mophonicsで、商業ジングルライターの職を得る。

2009年

フォスターと映画学校の学生であるドラマーのマーク・ポンティウスとで、フォスター・ザ・ピープルを結成。
当初は、フォスターがソロのために書いていた曲を演奏していた。

グループが結成されて間もなく、フォスターは Mophonics で「Pumped Up Kicks」という曲を書き、レコーディング。

 

2010年

フォスターは、「Pumped Up Kicks」を自分のウェブサイトに投稿し、注目を集める。
バンドはコロンビア傘下のスタータイム・インターナショナル(北米分)、ソニー/ATVミュージックパブリッシング(北米以外分)と契約し、「Pumped Up Kicks」をバックアップするアルバム制作に取り掛かる。

2011年

最初のスタジオアルバムの発表前に、「Pumped Up Kicks」「Houdini」「Helena Beat」をフィーチャーしたEPをリリース。

 

デビューアルバム Torches をリリース。
シングル「Pumped Up Kicks」は、Billboard Hot100で3位。
他のシングル「Helena Beat」と「Don’t Stop(Color on the Walls)」も含まれていた。

 

Torches と Pumped Up Kicks は、グラミー賞ノミネート。

2014年

2nd アルバム「Supermodel」リリース。
リードシングルは、Coming of Age。
さらに3つのシングル「Best Friend」「Pseudologia Fantastica」「Are You What You Want to Be?」をリリース。

 

2015年

マーク・フォスターが、マーク・ポンティウスをフィーチャーしたトラックを含む映画「リトル・ボーイ」のサウンドトラックを共同制作。

スタンドアロンのシングル「Ruby」をリリース。

 

「The Unforeseeable Fate of Mr. Jones」をリリース。

2017年

次の3番目のスタジオアルバムからの先行3曲「Pay the Man」「Doing It for the Money」「SHC」のEPをリリース。

サードアルバム Sacred Hearts Club をリリース。

 

2018年

ニューシングル Worst Nites リリース。

以降、アルバムではなくシングルをリリース。

2019年

セカンドシングル「Style」リリース。
サードシングル「Imagination」リリース。

 

4枚目のシングル「Pick U Up」をリリース。

2020年

5枚目のシングル「It’s OK to Be Human」をリリース。

6番目のシングル「Lamb’s Wool」リリース。

7番目のシングル「The Things We Do」をリリース。
これは、米国における警察の暴力と人種的不平等に焦点を当てた曲で、収益はすべて慈善団体に寄付されている。

8枚目のシングル「Under the Moon」リリース。

EP「In the Darkest of Nights、Let the Birds Sing」をリリース。
EPから Cadillac をリリース。
EPから Let the Birds Sing リリース。

 

ディスコグラフィ/

 

Torches (2011)
Supermodel (2014)
Sacred Hearts Club (2017)

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました