ギリシャ/気候は地中海性気候(温帯)
| 予備情報

ギリシャ共和国は、大部分が地中海性気候(温帯)。

 

 

 

 

国旗/

 

青は海を、白は空を、青十字はギリシャ正教への信仰を象徴する。
1821年にトルコからの独立闘争の際にパトラの総主教であったゲルマノス総大主教が青地に白十字を掲げたことに由来する。
9本の横縞は独立戦争時の鬨の声である「Ελευθερία ή Θάνατος」(自由か、しからずんば死を)の9音節を意味する。

 

 

人口/

 

1,072万 (2019年)

都市別人口↓

01 アテネ 72万人
02 テッサロニキ 34万人
03 ピレウス 17万人
04 パトラ 16万人
05 イラクリオン 14万人
06 ペリステリ 13万人
07 ラリサ 13万人
08 カリシア 10万人
09 ニケア 9万人
10 カラマリア 9万人

以上、上位10都市を掲載。
2007年値。

 

 

 

 

首都/

 

アテネ

 

 

位置・気温・降水量/

 

ギリシャは、北緯36度~41度に位置する。
緯度1度≒111km
面積は、日本の1/3。

テッサロニキ…北緯40度(温暖湿潤気候(温帯))
アテネ…北緯37度(地中海性気候(温帯))



出所:気象庁

 

 

物価/

 

アテネ~138位/調査209都市中
参考.東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 

 

民族/

 

ギリシャ人

出所:外務省

 

 

著名人/

 

アルキメデス(古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、天文学者)

 

 

民族衣装等/

 

フスタネーラ

 

 

言語/

 

ギリシア語
「ありがとう」 → Σας ευχαριστώ

 

 

宗教/

 

ギリシャ正教会…98%

 

 

一人当たりGDP/

 

17,670ドル(2020年、世界46位)
参考:日本~40,146ドル(2020年、世界23位)
以上、IMF統計に基づく。

 

 

通貨/

 

1ユーロ=133.10円
(2021年6月現在)

 

 

レートが良い両替所/

 

外貨中ドルとユーロだけは、日本で両替する方が一般的にはレートが良い。

 

 

 

 

主な国際空港/

 

日本からの直行便はない。

 

 

主な就航都市(日本)/

 

 

 

ホテル代の目安/

 

アテネ~4,011円/1泊から
(3つ星以上、クチコミ評価7以上、朝食込み、部屋タイプはシングル以上(withアゴダ))

 

 

主な都市間交通/

 

都市間の移動は「鉄道」「バス」「フェリー」か便利。
ギリシャは、国土面積の20%をエーゲ海やイオニア海の島々が占めており、島への移動はフェリーや飛行機が使われる。

鉄道

ギリシャ国鉄(Train OSE)
路線図は、こちら

アテネ→テッサロニキ(304km)
時刻:
09:22→13:45(4 hours 23 min)
料金:
43.00€(ユーロ)
チケット購入方法:
駅の窓口で購入する方法とオンラインで購入する方法がある。
ギリシャ国鉄のサイトで時刻・運賃検索ができる。

バス

例『アテネ Bus Stop Pedio Areos → テッサロニキ Station Monastiriou』

時刻:
09:30→15:45(6 hours 15 min)
料金:
39€(ユーロ)
チケットカウンターで購入する方法とオンラインで購入する方法がある。
各都市のチケットカウンター所在地は、こちら
ギリシャの都市間バスサービス KTEL のサイトで時刻・運賃検索ができる。

フェリー

例『ピレウス(アテネの首都圏を構成する港湾都市)→イラクリオン(クレタ島)』

時刻:
21:30→06:00(8 hours 30 min)
料金:
5,167円
フェリーの時刻・運賃検索は、こちら

飛行機

例『アテネ国際→クレタ イラクリオン国際』

時刻:
10:05→10:55(50 min)
料金:
7,454円
(with skyscanner)

 

 

 

 

世界遺産/

 

世界文化遺産

バッサイのアポロ・エピクリウス神殿
デルフィの考古遺跡
アテナイのアクロポリス
テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群
アスクレピオスの聖地エピダウロス
ロードスの中世都市
ミストラスの考古遺跡(ミストラ遺跡)
オリンピアの考古遺跡
デロス島
ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院
サモス島のピタゴリオとヘーラー神殿
アイガイ(現ヴェルギナ)の考古遺跡
ミケーネとティリンスの考古遺跡群
神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟を含むパトモス島の歴史地区 (ホーラ)
ケルキラ歴史地区(コルフ歴史地区)
ピリッポイの考古遺跡

世界自然遺産

なし

世界複合遺産

アトス山
メテオラ

 

 

チップの習慣/

 

チップの習慣がある。(5~10%)

 

 

ビザ/

 

ギリシアを含むシェンゲン協定加盟国※での総滞在日数が90日以内であれば、ビザは不要。

※シェンゲン協定 …
ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定。
加盟国は、次のとおり。
オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、マルタ、スイス、リヒテンシュタイン、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、アイスランド、ノルウェー

 

 

パスポート/

 

入国時に、滞在日数に加えて90日以上の残存有効期限が必要。

 

 

治安/

 

外務省の海外安全情報によると、危険情報なし。(2021.6.8現在)

 

 

 

 

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました