ジョー・コッカー/バイオグラフィ
| favorite music

音楽

ハスキー&ブルージー、ロックシンガー、ジョー・コッカー。

 

 

 

 

アーティスト名/

 

ジョー・コッカー Joe Cocker

 

生誕/

 

1944 – 2014年

 

活動期間/

 

1961 – 2014年

 

出身地/

 

イギリス シェフィールド

 

ジャンル/

 

Rock
blues
soul
pop

 

略歴/

 

1964年

デッカレコードと契約を結び、ビートルズの「I’ll Cry Instead」のカバーをリリースするが、同年契約終了。
新たなグループ Joe Cocker’s Blues Band を結成するが、既知の録音はEP「Rag Goes Mad at the Mojo」のみ。

1966年

音楽を1年間休止した後、クリス・ステイントンとグリースバンドを結成。
バントは一旦解散するが、間もなくステイントンとキーボーディストのトミーエアーと新たなグリースバンドを結成。

1968年

ビートルズのカバー「With a Little Help from My Friends」をリリース、英国シングルチャートNo.1、米国チャートでは最高68位。
アルバム With a Little Help from My Friends がリリースされ、アメリカのチャートで35位。

1969年

ニューヨークのウッドストックフェスティバルに参加し、「Feelin’ Alright?」、「Something’s Comin ‘On」、「Let’s Go Get Stoned」などを演奏。
セカンドアルバム Joe Cocker! をリリース。
アルバムは米国チャートで最高11位。
レオンラッセルの曲「Delta Lady」で2度目の英国ヒットを獲得。
マッドドッグス&イングリッシュメンツアーでライブアルバムが制作され、ボックストップスのヒット曲「The Letter」のカバーは、コッカーの最初の米国トップテンヒットになった。

1971年

シングル「High Time We Went」をリリース、US Billboard Hot 100チャートで最高22位。

 

1972年

アルバム Joe Cocker リリース、USチャート最高30位。

1974年

アルバム I Can Stand a Little Rain リリース、米国チャートで最高11位。
ビリー・プレストンの「You Are So Beautiful」をカバーしたシングルは最高5位となった。

 

1975年

アルバム Jamaica Say You Will リリース。

1982年

映画「愛と青春の旅立ち An Officer and a Gentleman」のサウンドトラックでジェニファー・ウォーンズとのデュエット「愛と青春の旅立ち Up Where We Belong」を録音。
この曲は国際的なヒットとなり、ビルボードホット100で1位、グラミー賞、アカデミー賞ベストオリジナルソング賞受賞。

 

1984年

9枚目のスタジオアルバム Civilized Man リリース。

1986年

アルバム Cocker は、亡くなった母親に捧げられた。
アルバムのトラック「You Can Leave Your Hat On」は、映画「9½Weeks」で取り上げられ、アルバムは最終的にヨーロッパのチャートでプラチナになった。

1987年

「Love Lives On」が、映画「ハリーとヘンダソンズ」で取り上げられた。

 

アルバム Unchain My Heart が、グラミー賞にノミネート。

 

1989年

アルバム One Night of Sin の売り上げが前作を上回り、ブライアンアダムス、ジムヴァランス、ダイアンウォーレンが書いた「When The Night Comes」が米国でトップ20ヒット。
ブッシュ米国大統領就任コンサートで演奏。

1992年

カナダのロッカー、サス・ジョーダンと組んで「トラスト・イン・ミー」を歌い、映画ボディガードのサウンドトラックで取り上げられる。

1994年

シェフィールドハラム大学から名誉博士号が授与される。

2007年

Sheffield Legends plaque を受賞。

2008年

Hymn for My Soul をリリース。

2010年

Hard Knocks リリース。
カルロスサンタナのアルバム「Guitar Heaven:The Greatest Guitar Classics of All Time」の「Little Wing」でボーカルを担当。

2014年

70歳で肺がんで死亡。

 

スタジオアルバム/

 

With a Little Help from My Friends (1969)
Joe Cocker! (1969)
Joe Cocker (1972/EU: 1973)
I Can Stand a Little Rain (1974)
Jamaica Say You Will (1975)
Stingray (1976)
Luxury You Can Afford (1978)
Sheffield Steel (1982)
Civilized Man (1984)
Cocker (1986)
Unchain My Heart (1987)
One Night of Sin (1989)
Night Calls (1991/US: 1992)
Have a Little Faith (1994)
Organic (1996)
Across from Midnight (1997)
No Ordinary World (1999/US: 2000)
Respect Yourself (2002)
Heart & Soul (2004/US: 2005)
Hymn for My Soul (2007/US: 2008)
Hard Knocks (2010/US: 2012)
Fire It Up (2012)

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました