くるり
| favorite music

音楽

日本のオルタナティヴ・ロックバンド、くるり

 

アーティスト名/
くるり(Quruli)

ジャンル/
ポップ
ロック
オルタナティヴ・ロック

出身地/
京都府京都市

活動期間/
1996年 –

メンバー/
<現>
岸田繁(ボーカル・ギター)
(1996年 – )
佐藤征史(ベース・コーラス・ボーカル)
(1996年 – )
ファンファン(トランペット・コーラス・ボーカル・キーボード)
(2011年 – )
<旧>
森信行(ドラムス)
(1996年 – 2002年)
大村達身(ギター)
(2001年 – 2007年)
クリストファー・マグワイア(ドラムス)
(2003年 – 2004年)
田中佑司(ドラムス)
(2011年)
吉田省念(ギター・コーラス・ボーカル・チェロ)
(2011年 – 2013年)

略歴/


立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」に所属していた岸田、佐藤、森の3人で結成。

バンド名の由来~地下鉄の駅に「Uターンしろ」みたいなマークがあって、それを見た当時の彼女が「『くるり』ってバンド名がいいよ」って言ったところから(岸田談)。

●1995年
岸田繁が立命館大学に入学し、大学の音楽サークルであるロックコミューンに入り森信行や大村達身と出会う。
佐藤征史とは立命館高等学校の1年のときに出会い、高校時代から音楽活動を共にし、大学でも同じサークルに入る。
その後、岸田と佐藤が後の「くるり」の原型となるバンドを結成。
ほどなくして森を誘う。
●1996年
アマチュアバンドのコンテストの賞金10万円目的で正式にくるりを結成。
くるりは優勝し10万円を獲得。
●1997年
8曲入りカセットテープ『くるりの一回転』を発売し完売。
Bad News Recordsにデモテープを送ったところ気に入られ、11月にインディーズ1stアルバムである『もしもし』を発売。
●1998年
ライブハウスツアー退屈退治を行う。
インディーズ2ndアルバムである『ファンデリア』を発売。
大阪城音楽堂でのイベント「SWEET LOVE SHOWER」のオープニングアクトや、スピッツが主催する「ロックロックこんにちは!」に出演。
ビクターエンタテインメントよりデビューシングル「東京」をリリースしメジャーデビュー。
●1999年
2ndシングル「虹」をリリース。
佐久間正英をプロデューサーに迎えて制作された1stアルバム『さよならストレンジャー』をリリース。
ワンマン全国ツアー、三日で激ヤセ 驚異のキノコパワーを敢行し全公演SOLD OUT。
フジロック・フェスティバルに出演。
3rdシングル「青い空」をリリース。
4thシングル「街」をリリース。
ワンマンライブツアーもうじき平成12年を敢行。
●2000年
2ndアルバム『図鑑』をリリース。
「図鑑」発売記念ツアー世田谷線旧型車輌を残そうキャンペーンを敢行。
5thシングル「春風」をリリース。
初開催のROCK IN JAPAN FESTIVAL、サマーソニックなどの夏のイベントに出演。
6thシングル「ワンダーフォーゲル」をリリース。
THE DISMEMBERMENT PLANとのカップリングツアーである百鬼夜行を敢行。
●2001年
7thシングル「ばらの花」をリリース。
3rdアルバム『TEAM ROCK』をリリース。
3rdアルバム発売記念ツアーTEAM PARTY 2001〜&〜TEAM PARTY 200,000,001を敢行。
フジロック・フェスティバルに出演。
ライジング・サン・ロックフェスティバルに出演。
東京都現代美術館でのくるり演奏会「東京ミミック」にて大村達身が正式加入。
初めての海外レコーディングを行う。
ロンドン郊外にあるサイロを改造した「ブラー・ストリート」スタジオにてエンジニア・プロデューサーのニック・ハナンとともに楽曲制作とレコーディング。
●2002年
くるり最大のヒット曲となった「ワールズエンド・スーパーノヴァ」をリリース。
4thアルバム『THE WORLD IS MINE』リリース。
くるりライブツアー2002 〜うんぽこどっこいしょ〜を敢行。
シングル「男の子と女の子」をリリース。
ドラマーの森がバンドを脱退。
THE DISMEMBERMENT PLANとアメリカ東海岸ツアーを行う。
くるり主宰のレーベルであるNOISE McCARTNEY RECORDSを設立。
くるり主催のイベント、百鬼夜行2002を開催。

●2003年
「ジョゼと虎と魚たち」と「リアリズムの宿」の2つのサントラを同時進行で制作。
「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌である「ハイウェイ」と『サウンドトラック』が発売される。
「リアリズムの宿」のテーマ曲である「家出娘」はくるりのベスト盤である『ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER-』にてはじめて音源化された。
スコットランド・グラスゴーに渡ったくるりはエンジニア・プロデューサーであるトニー・ドゥーガンのもとレコーディング。
シングル「HOW TO GO」をリリース。
マグワイアの正式加入が発表された。
●2004年
シングル「ロックンロール」をリリース。
5thアルバムである『アンテナ』をリリース。
くるりワンマンライブツアー2004〜安心しろ、秘孔ははずしてある〜をスタート。
初の日本武道館公演を含むツアーとなった。
初のビデオクリップ集「くるくる鮨」、ツアードキュメンタリーフィルム「くるくる節」を発売。
クリストファー・マグワイアが脱退。
●2005年
岸田と佐藤はCoccoとのプロジェクトバンドであるSINGER SONGERを堀江博久、臺太郎とともにスタートさせる。
14thシングル「BIRTHDAY」をリリース。
SINGER SONGERのシングル「初花凛々」がリリースされる。
SINGER SONGERのアルバム『ばらいろポップ』がリリースされた。
フジロック・フェスティバルでは遂にメインステージであるグリーン・ステージに初出演。
15thシングル「Superstar」、
16thシングル「赤い電車」、
17thシングル「Baby I Love You」と3ヶ月連続でシングルリリース。
初の大阪城ホール公演を含むくるりワンマンライブツアー2005 〜はぐれメタル純情派〜を開催。
6thアルバム『NIKKI』をリリース。
12月31日にはCOUNTDOWN JAPANに出演し、最大規模のEARTH STAGEにおいて年越しライブを担当。
●2006年
くるりワンマンライブツアー2006 〜はぐれメタル魔神斬り〜を日本武道館公演を皮切り開催。
シングル「Juice」をリリース。
くるり対バンツアー2006 〜毎日が地蔵盆〜をスタート。
くるり初のベスト盤となる『ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER-』をリリース。
結成10周年の2006年において自分たちを振り返る意味で、レコード会社に願い出てリリースしたものである。
ROCK IN JAPAN FESTIVALではメインステージであるGRASS STAGEで1日目のトリを務めた。
全国のZeppを回ったくるりワンマンライブツアー 2006 〜まZEPPご飯!〜を敢行。
COUNTDOWN JAPAN 06/07に出演するが、このライブを最後にギタリストである大村が脱退。
●2007年
18thシングル「JUBILEE」がリリースされる。
7thアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』がリリースされた。
くるり史上初となるホールツアー、くるり ホールツアー2007「ふれあいコンサート」を行った。
くるり主催の京都野外フェスティバルである京都音楽博覧会を開催。
パシフィコ横浜で「ふれあいコンサートファイナル」を行った。
●2008年
前年の磔磔とパシフィコ横浜での公演を収録したくるり初のライブベストアルバム『Philharmonic or die』をリリース。
パシフィコ横浜公演を収録したライブDVD「横濱ウィンナー」をリリース。
夏には各地のロックフェスティバルに出演。
シングル「さよならリグレット」をリリース。
●2009年
シングル「三日月」をリリース。
ワンマンツアー敦煌-ドンファン-を実施。
アルバム「魂のゆくえ」をリリース。
奥田民生、松任谷由実、矢野顕子ら全16アーティストが参加する初のトリビュートアルバム、「くるり鶏びゅ〜と」をリリース。
ワンマンツアーくるりワンマンツアー2009〜とろみを感じる生き方〜を実施。
松任谷由実とのGAP 40th ANNIVERSARY キャンペーンコラボレーションソング『シャツを洗えば』をリリース。
●2010年
くるり初のカップリング・コンプリート・ベスト『僕の住んでいた街』がリリース。
初の歌詞集となる『くるり詩集』がリリースされた。
ホールツアー「くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜」を実施。
初の両A面シングルとなる「魔法のじゅうたん/シャツを洗えば(ヴァージョン2)」をリリース。
『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』が発売された。

●2011年
昨年より実施されていたワンマンツアーが引き続き実施され、ツアーファイナルには4度目となる武道館公演が行われた。
岸田が初めてソロ名義で劇中音楽を担当した、映画『まほろ駅前多田便利軒』、『奇跡』が相次いで公開。
『奇跡』の主題歌「奇跡」を、ワンコインシングルとしてリリース。
5年ぶり2枚目となるベストアルバム『ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER 2-』がリリース。
ギタリストの吉田省念、トランペット奏者のファンファン、ドラマーの田中佑司のバンド正式加入が発表された。
新体制になってから初めてのツアーくるりワンマンライブツアー2011~湯気湯気帝国~が実施された。
田中が脱退を発表
●2012年
石川さゆりからの依頼を受けて岸田が書き下ろした新曲「石巻復興節」をレコーディング(細野晴臣も演奏に参加)。
シングル『everybody feels the same』がリリース。
アルバム『坩堝の電圧』を発売。
くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~を実施。
●2013年
吉田省念がバンドを離脱。
日本全都道府県を回るツアー「DISCOVERY Q」シリーズをスタート。
シングル「ロックンロール・ハネムーン」をリリース。
シングル『Remember me』を26枚目のシングルとして発売。


初となるクリスマスシングル『最後のメリークリスマス』を発表。
●2014年
アルバム『THE PIER』をリリース。
「「THE PIER」リリース記念・くるりワンマンライブツアー2014「金の玉、ふたつ」」を開催。
シングル『There is (always light)/Liberty & GravitySpecial Edition』を発売。
コンピレーションアルバム『くるりとチオビタ』を発売。
●2015年
2016年のくるり20周年に向けた、過去のアルバムの再現ライブを行う「NOW AND THEN」シリーズがスタート。
メジャーとしては初のEP「琥珀色の街、上海蟹の朝」をリリース。
オールタイムベスト『くるりの20回転』を発表。
●2017年
『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」を敢行。
ライブDVD 『くるくる横丁』を発売し、30th single 『How Can l Do?』が、同DVD に付属された。
11回目となる京都音楽博覧会を開催。
●2018年
通算31作目のシングル『その線は水平線』をリリース。
1年ぶりの全国ツアー「くるりライブツアー2018『線』」を敢行。
7インチ・アナログ『春を待つ』をリリース。
カセットシングル『だいじなこと/忘れないように』をリリース。

4年ぶりの12th album『ソングライン』をリリース。

●2019年
2018年内のアルバムリリースツアーは無かったものの、2019年4月、「リラックマとカオルさん」の主題歌として「SAMPO」を発表。
尚、「リラックマとカオルさん」の音楽は岸田が担当している。
「ソングライン 」リリースから約7ヶ月後の2019年5月から『songline』リリースツアー「列島 Zeppェリン」を4カ所のZeppで開催。
地方を周るライブハウスツアー「列島ウォ~リャ~Z」を開催し、この模様はライブ映像集『列島ライブ 2019』にまとめられリリースされた。
●2020年
「くるりライブツアー[特Q]」の開催、そして最終公演では2002年の「うんぽこどっこいしょ」以来18年ぶりの日比谷野外音楽堂公演が予定されていたが、2019新型コロナウイルス蔓延の影響でいずれも中止に。
急遽、1997年の結成当時から現在までの未発表曲をまとめたニューアルバム『thaw』のリリースを決定・発表した。

主な作品/
<オリジナルアルバム>
左から、タイトル・発売日・オリコン順位。
01st 「さよならストレンジャー」 1999年4月21日 16位
02nd 「図鑑」 2000年1月21日 20位
03rd 「TEAM ROCK」 2001年2月21日 8位
04th 「THE WORLD IS MINE」 2002年3月20日 5位
05th 「アンテナ」 2004年3月10日 3位
06th 「NIKKI」 2005年11月23日 3位
07th 「ワルツを踊れ Tanz Walzer」 2007年6月27日 3位
08th 「魂のゆくえ」 2009年6月10日 5位
09th 「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」 2010年9月8日 4位
10th 「坩堝の電圧」 2012年9月19日 5位
11th 「THE PIER」 2014年9月17日 4位
12th 「ソングライン」 2018年9月19日 5位

その他/

タイトルとURLをコピーしました