トゥーツ・シールマンス
| favorite music

音楽

叙情的ハーモニカ・口笛・ギター奏者、トゥーツ・シールマンス。

 

アーティスト名/

トゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)

ジャンル/

ジャズ、フュージョン

出身地/

ベルギー ブリュッセル

活動期間/

1949年 – 2014年

メンバー/

略歴/

1922年生まれ、2016年死没。
ギタリスト及びハーモニカ奏者。
2001年、音楽への功績によりベルギー国王から爵位(男爵 baron)を授けられる。

幼い頃から音楽を演奏し始め、ジャズに魅了され、アコーディオンやハーモニカを独学。

ベルギー生まれのジャズギタリスト、ジャンゴラインハルトの音楽に出会い、ギターを独学。
当時、数学を専攻する大学生だった。

1949年、シドニーベシェ、チャーリーパーカー、マイルスデイビス、マックスローチなどとパリでジャムセッションに参加。

1949年、ベニーグッドマンのバンドのヨーロッパツアーでプロとしての活動を開始。
バンドではギタリストとして雇われたが、ロンドン公演のとき、組合の制限によりハーモニカを演奏した。

1951年、米国に移住。

チャーリーパーカーのオールスターズのメンバーとなり、マイルスデイビス、ダイナワシントンと共演。

1957年、米国市民になる。

1953~1959年、ジョージシアリングクインテットでギターとハーモニカを演奏。
シアリングはシールマンスのレパートリーに口笛を加えた。

1955年、バンドリーダーとしてファーストアルバム「ザ・サウンド」を録音。

1961年、ギターを弾き口笛を吹く彼自身の作曲の1つである「Bluesette」を録音、ライブ演奏。
この曲は、世界的に大ヒットした。
Bluesette↓

ハーブアルパートとティファナブラスのアルバム「Whipped Creamand Other Delights」に登場したバラード「Lady Fingers」を書いた。

録音した映画のサウンドトラックは次のとおり。
The Pawnbroker(1964)
Midnight Cowboy(1969)
The Getaway(1972)
Cinderella Liberty(1973)
The Sugarland Express(1974)
Looking for Mr. Goodbar(1977)

ポール・サイモンの1975年のアルバム「Still Crazy After All This Years」の「Night Game」でハーモニカを演奏。

1983年、ビリー・ジョエルのアルバム「イノセント・マン」の中の「Leave A Tender Moment Alone」で演奏。
Leave A Tender Moment Alone↓

1998年、ゲスト歌手ジョニーマティスをフィーチャーした「Chez Toots」というタイトルのフランス風味のアルバムをリリース。

人気テレビ番組・セサミストリートの彼のハーモニカのテーマソングは40年間聞かれた。

ブリュッセル自由大学とVrije Universiteit Brussel, Belgiumから共同名誉博士号を取得。

2009年、アメリカの国立芸術基金からジャズミュージシャンに与えられる最高の栄誉・ジャズマスターを授与された。

2014年、健康上の問題のため、引退を発表。

2016年、ベルギー王室図書館の音楽部門がトゥーツシールマンスコレクションを買収。
このコレクションは、数百の録音物(78rpm、ビニールレコード、CD)と、写真、報道記事、楽譜、手紙、コンサートプログラムなどの数千の文書で構成されている。

主な作品/

The Dragon(収録アルバム「 Only Trust Your Heart」2018)

Always and Forever(収録アルバム:Pat Methenyの「Secret Story」1992)

 

 

タイトルとURLをコピーしました