ビセンテ・アミーゴ
| favorite music

音楽

パコ・デ・ルシアを見てフラメンコ・ギターを始めた、ビセンテ・アミーゴ

アーティスト名/

ビセンテ・アミーゴ

ジャンル/

フラメンコミュージック

出身地/

スペイン王国アンダルシア州セビリア県グアダルカナル

活動期間/

1988年–現在

メンバー/

略歴/

1967年3月25日、スペイン王国アンダルシア州セビリア県グアダルカナル生まれ。

スペインのフラメンコ作曲家兼ギタリスト。

5歳の時にアンダルシア州のコルドバ県に移り住む。

3歳の時にテレビで見たパコ・デ・ルシアの演奏でフラメンコ・ギターを知り、8歳の時にギターを弾き始める。

フラメンコギターのマスター、フアン・ムニョス“エル・トマテ”やメレンゲ・デ・コルドバに師事。

10代にはマノロ・サンルーカルのグループに加入し、5年間活動した。

1980年代末にソロ活動をはじめ、ラ・ウニオンやコルドバのコンクールで優勝し、脚光を浴びる。

1990年代に入るとデヴィッド・ボウイの前座を務めたこともある。

1991年にDe mi Corazón al Aire(邦:『我が心を風に解き放てば』)をリリースし、アルバム・デビューを果たす。

1995年にはVivencias Imaginadas(邦:『魂の窓』)をリリース。

1997年にはPoeta(邦:『ポエタ』)をリリース。

Poetaのタイトル・トラックはフィギュアスケートのテーマ曲として、ソニア・ラフエンテや、ステファン・ランビエール、北村明子、金彩華、太田由希奈らによって使用されている。

2000年には Ciudad de las Ideas(邦:『イデアの街』)をリリース。
アルバムは2001年にグラミー賞 Latin Grammy for the Best Flamenco Album を受賞。
2002年にオンダス賞 the best Flamenco work を受賞。

2005年、Un Momento en el Sonido(邦:『音の瞬間』)をリリース。

2009年、Paseo de Graciaをリリース。

「Paseo De Gracia」(アルバム「Paseo De Gracia」収録)

2013年、Tierraをリリース。
ケルト音楽を取り入れたアルバムとなる。

「Roma」(アルバム「Tierra」収録)

これまでに、スティング、パコ・デ・ルシア、スタンリー・ジョーダン、ジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラ、ミルトン・ナシメント等とも共演している。

主な作品/

リーダーアルバム

De mi corazón al aire (CBS/Sony, 1991)
Vivencias Imaginadas (CBS/Sony, 1995) (パコ・デ・ルシアと共演)
Poeta (CBS/Sony, 1997)
Del Amanecer… with Jose Merce (Virgin, 1998)
Ciudad de las Ideas (2000)
Un Momento en el Sonido (Columbia, 2005)
Paseo de Gracia (Sony, 2009)
Tierra (Sony, 2013)
Memoria de los Sentidos (Sony, 2017)

featuring ビセンテ・アミーゴ

スティング「センド・ユア・ラブ」(アルバム「Sacred Love」収録)

タイトルとURLをコピーしました