インド鉄道
/世界の鉄道
| その他

その他

インドの鉄道の大部分は、政府が所有するインド鉄道(インド国鉄)。
デリーやコルカタの地下鉄や鉱山用鉄道等に国有以外のものがある。

 

 

総延長

 

約6.3万kmで、世界第4位。
(1.アメリカ29.3万km、2.ロシア12.8万km、3.中国12.0万km、5.カナダ4.6万km、)

 

従業員数

 

130万人で、世界最大の鉄道事業者。

 

路線網

 

16の管区により管理された全国的な路線網が整備されている。
改軌により幹線は1676mmの軌間に統一化され、現在主要都市間はほとんど直通運転が可能になっている。
インドでは、飛行機の運賃が高く道路の整備が遅れているため、今も鉄道は重要な移動手段となっている。

 

路線網図は、こちら

 

長距離列車

 

インド鉄道は、長距離列車のみを掲載した時刻表「Trains at a Glance」を発行している。↓

Ministry of Railways (Railway Board)

 

インド鉄道のサイトでは、チケット予約ができる。↓

IRCTC Next Generation eTicketing System
IRCTC Next Generation eTicketing System

 

インド鉄道のサイトには、駅間時刻表もある。↓

National Train Enquiry System -Indian Railways
Official Indian Railways site for travelers using railways for taking holiday vacation trips, official trips, tours, and daily commute. Site provides train-runn...

 

駅間時刻表にある“距離”と「Trains at a Glance」の料金表(Fares)で、料金がわかる。
(チケット予約サイトは料金がわかるが不安定・・・?)

 

席は、エアコンの有無、座席・寝台の別といった種類がある。
同じ列車でもクラスの違いにより数十倍の料金差がある場合がある。

 

長距離列車は原則的にすべて急行列車扱いである。
最高速度160km/hで運行される一部列車は”Superfast Express”として区別される他、車種や速度、区間によって多くの名称に細分される。
次に有名な列車を挙げる。

ラージダーニー急行(Rajdhani Express)
原則として夜行寝台列車である。
首都デリーのターミナル駅であるニューデリー駅(New Delhi)とハズラト・ニザームッディーン駅(Hazrat Nizamuddin)から、各州の首都や大都市を結んでいる。
客車の色は赤である。
運行速度は最高時速140kmであり、他の急行よりも停車駅が少なく、走行も他の列車より優先されるため、名称は急行だが実質的に特急列車である。
全車に冷房が完備されている。

シャターブディー急行(Shatabdi Express)
近隣大都市間を高速で結ぶ。
始発駅を朝早く出発して、終着駅に昼頃に到着、さらにそこで30分から1時間停車した後、再び朝の始発駅に向かって出発して晩頃に到着する、という運行型を有している。
シャターブディー急行はラージダーニー急行とともに、急行の名称を持ちながらも特急の機能を持つ、インド最速の列車である。
営業最高速度は130km/hが標準である。
ただし、ニューデリー・アーグラ間(特に、タージ急行(Taj Express)という。)に限れば195kmを2時間以内で走破し、観光客向け列車で1日1往復。

ガティマン急行
近隣大都市間を高速で結ぶ。
始発駅を朝早く出発して、終着駅に昼頃に到着する。

ドゥロント急行
速達性を重視して目的地までノンストップで直行する長距離優等列車。

インターシティ急行
主要都市間を結ぶ急行列車。

リンク急行
主要都市間を結ぶ急行列車。

メイル
Mail、かつて速達郵便の輸送も担っていたため。

パッセンジャー
Passenger

etc.

 

国際列車

 

パキスタン、バングラデシュ、ネパールの鉄道と接続している。

 

世界遺産になっている鉄道

 

登録名:インドの山岳鉄道群

ダージリン・ヒマラヤ鉄道(↓)
ニュー・ジャルパーイーグリー ~ ダージリン間(約88km、高低差約2,000 m)
ニルギリ山岳鉄道
メットゥパラヤム(標高326m) ~ ウダカマンダラム(標高2203m)(約46km)
カールカー=シムラー鉄道
カールカー(標高656m) ~ シムラー(標高2,076m)(総延長96km)

なお、ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧ヴィクトリア駅)も歴史的な建築として2004年に世界遺産に登録されている。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました