ミャンマー
=暖かい国をピックアップ=
| 予備情報

ミャンマー連邦共和国は、熱帯モンスーン気候。


 

国旗

黄色は国民の団結、緑は平和と豊かな自然環境、赤は勇気と決断力を象徴し、三色の帯にまたがる白星はミャンマーが地理的・民族的に一体化する意義を示している。

 

人口

5,141万人(2014年)

ヤンゴン    ~ 521万人
マンダレー   ~ 123万人
ネピドー    ~ 116万人
モーラミャイン ~   49万人
タウンジー   ~   38万人
モンユワ    ~   37万人
メイッティーラ ~   31万人
パテイン    ~   29万人
ミェイク    ~   28万人
バゴー     ~   28万人
以上、上位10都市
位置は下図参照。

 

首都

ネピドー

 

位置(気候帯)

ヤンゴン  ~ 北緯16度(熱帯モンスーン気候)
マンダレー ~ 北緯21度(熱帯モンスーン気候)
緯度1度≒111km

 

気温と降水量

ヤンゴン

マンダレー

参考、東京

出所:気象庁ホームページ「世界の気候」

 

物価

プノンペン~83位/調査209都市中
参考:東京~3位
出所:マーサー2020年世界生計費調査

 

民族

ビルマ族(約70%)、その他多くの少数民族

 

著名人

アウンサンスーチー(国家顧問)

 

 

民族衣装等

ロンジー
下半身に着用する筒状の衣類

 

言語

ビルマ語が公用語。

ကျေးဇူးတင်ပါတယ်(ありがとう)

 

 

宗教

人口の9割が仏教徒。

 

一人当たりGDP

1,299ドル(2019年、世界161位)
参考:日本~40,256ドル(2019年、世界25位)

 

 

通貨

チャット
1チャット(MMK,Myanmar Kyat)=0.078円(2020.1月)

 

レートが良い両替所

現地の両替所がお得。
円を両替できない所もあるので、日本国内でUSドルを用意しておくと良い。

 

主な国際空港(日本直行便あり)

ヤンゴン空港

 

主な就航会社(日本直行便あり)

全日空(成田)

 

主な都市間交通

≪鉄道≫

運営者:
大半はミャンマー国鉄(Myanma Railways)。
鉄道網:
全国に鉄道路線を有している(約6千km、駅数960)。(下図参照)
旅客列車の等級:
アッパークラス(一等)、セカンドクラス(二等)、オーディナリークラス(三等)の三種類。
各駅停車の列車と停車駅の少ない急行列車が運行されている。
料金例:
ヤンゴン→マンダレー
622km
4:00発19:00着(15h00m)
ORDINARY-6,000MMK
SECOND-12,000
UPPER-15,000
SLLEEPER-24,000
世界第2位の高さを誇る「ゴッティ鉄橋」
Mandalayの北東MaymyoとLashioの間にある。

≪バス≫

料金例
Yangon→Mandalay
Boss社
21:00発06:00着(9h)
17.8USD

≪飛行機≫

料金例
ヤンゴン→マンダレー
エアKBZ
11:30→13:05(1h35m)
8,530円
(with Skyscanner)

 

 

世界文化遺産

●ピュー古代都市群(in ミャンマー中央を流れるエーヤワディー川流域)

●バガン(in ミャンマー・マンダレー地方域)

 

世界自然遺産

世界複合遺産

チップの習慣

なし。

ビザ

観光目的で滞在期間30日間まで日本人は免除。

 

パスポート

入国時にパスポートの有効期間が6ヵ月以上残っていれば入国可能。

 

スカイスキャナー

KABA BLOG
タイトルとURLをコピーしました