ボブ・ジェームス
| favorite music

音楽

ジャズ・フュージョン界を代表するミュージシャン、フォープレイのピアニスト、ボブ・ジェームス。

 

 

 

 

アーティスト名/

 

Bob James

 

 

メンバー/

 

 

 

活動期間/

 

1962年 – 現在

 

 

誕生地/

 

アメリカ合衆国 ミズーリ州 マーシャル

 

 

誕生年/

 

1939年

 

 

ジャンル/

 

Jazz
smooth jazz
jazz fusion
jazz-funk

 

 

略歴/

 

4歳からピアノを始める。
絶対音感を持っている。
ミシガン大学に通っていたが、2年目にマサチューセッツ州ボストンのバークリー音楽大学に編入。

1962年

組んでいたバンドが、ヘンリー・マンシーニとクインシー・ジョーンズが審査員を務めたノートルダム大学ジャズ・フェスティバルに参加し優勝。
クインシー・ジョーンズが副社長をしていたマーキュリー・レコードとアルバム契約。

1963年

マーキュリー・レコードはクインシー・ジョーンズがプロデュースしたジェームズの最初のアルバム、Bold Conceptions をリリース。

ニューヨーク市で、アレンジャーとして働き、ジャズ歌手サラ・ヴォーンのピアノ伴奏者として雇われる。

1970年代

CTIレコードのプロデューサー兼創設者であるクリード・テイラーに雇われ、CTIでプロデューサー、アレンジャー、スタジオミュージシャンとして、ガボール・ザボ、ミルト・ジャクソン、スタンリー・タレンタイン、グローヴァー・ワシントン・ジュニア、メイナード・ファーガソンのアルバムに参加。

クリード・テイラーにソロ・アルバムをレコーディングするよう依頼される。

1974年

CTIよりソロ・アルバム『One』を発表。
ロバータ・フラックのヒット曲「Feel Like Making Love」のジェームス版が含まれており、アルバムは商業的成功。
また、このアルバムは、クラシック音楽を現代のシーンに適応させたことで注目され、”In The Garden” はパッチェルベルの Canon in D に基づいており、”Night On Bald Mountain” はムソルグスキーの同名曲のカバー。

CTIで3枚のソロアルバムを制作した後、自身のレコード レーベル Tappan Zee を設立。

1978年

アルバム Touchdownを録音。
アルバムの曲の中には、テレビ番組「タクシー」の主題歌「アンジェラ」があった。

 

1980年

アール クルーとのコラボレーションアルバム「One on One」が、グラミー賞の最優秀ポップ インストルメンタル パフォーマンスを受賞し、100 万枚以上を売り上げた。
また、アール・クルーとの別のコラボレーション「Cool」もグラミー賞にノミネート。

 

1983年

テレビ番組「タクシー」にすべての音楽を提供し、「アンジェラ」を含むいくつかの曲を、The Genie: Themes & Variations from the TV Series Taxi に収録。

1984年

スムーズ・ジャズからクラシック音楽へと転向し、バロック時代の作曲家ジャン=フィリップ・ラモーの解釈である「Rameau」を録音。

1986年

デビッド・サンボーン と Double Vision でコラボレーション。
このアルバムは、グラミー賞の最優秀ジャズ・フュージョン・パフォーマンス賞を受賞。

1990年

ドラマーのハーヴィー・メイソン、ギタリストのリー・リトナーとアルバム『GRAND PIANO CANYON』を制作。

 

レコーディングしている間、ベーシストを探し、メイソンとリトナーはネイザン・イーストを提案。
その後、4名で、バンド Four play を結成。
バンドは10枚以上のアルバムをレコーディングし、ギタリストはリトナーからラリー・カールトンそしてチャック・ローブへと変わった。

ジェームスの音楽、特に初期のアルバムは頻繁にサンプリングされており、特に彼の曲「Nautilus」と「Take Me to the Mardi Gras」がよく利用されている。

「ノーチラス Nautilus」 は、Eric B. & Rakim の「Let the Rhythm Hit ‘em」、Run-D.M.Cの「Beats to the Rhyme」、Ghostface Killah の「Daytona 500」、DJ Jazzy Jeff の「Jazzie’s Groove」、Jeru the Damaja の「My Mind Spray」、Freddie Gibbs の「Extradite」と「Falndole (L’Arlesienne Suite No. 2)」で使われている。

ジェームスの 1981年の曲「Sign of the Times」は、 Warren G と Nate Dogg の 1994年のシングル「Regulate」でサンプリングされた。

1980年の曲「Snowbird Fantasy」は、フランスのハウスミュージシャン Eric Chedeville の 2009年のシングル「Spell of Love」でサンプリングされ、後に、 DJ Sneakによってリミックスされた。

 

 

ディスコグラフィー/

 

Bold Conceptions (1963)
Explosions(1965)
One (1974)
Two (1975)
Three (1976)
BJ4 (1977)
Heads (1977)
Touchdown (1978)
One on One with Earl Klugh (1979)
Lucky Seven (1979)

 

H (1980)
All Around the Town (1981)
Sign of the Times (1981)
Hands Down (1982)

 

Two of a Kind with Earl Klugh (1982)
Foxie (1983)

 

The Genie (1983)
12 (1984)
The Swan (1984)
Rameau (1984)
Double Vision with David Sanborn (1986)
Obsession (1986)
The Scarlatti Dialogues (1988)
Ivory Coast (1988)
Concertos for Two & Three Keyboards with Guher Pekinel (1989)
Grand Piano Canyon (1990)
Cool with Earl Klugh (1992)
Restless (1994)
Flesh and Blood with Hilary James (1995)
Straight Up (Warner Bros., 1996)
Joined at the Hip with Kirk Whalum (1996)
Playin’ Hooky (1997)
Joy Ride (1999)
Dancing On the Water (2001)
Morning, Noon & Night (2002)
Take It from the Top (2004)
Urban Flamingo (2006)
Angels of Shanghai (2007)
Christmas Eyes with Hilary James (2008)
Just Friends with Howard Paul (2011)
Altair & Vega with Keiko Mitsui (2012)
Quartette Humaine with David Sanborn (2013)
Alone (2013)
The New Cool with Nathan East (2015)
Live at Milliken Auditorium (2014)
Espresso (2018)
Once Upon a Time (2020)
Nautilus 7 inch Single Vinyl (2020)

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました