エンニオ・モリコーネ
| favorite music

音楽

 

映画音楽の巨匠、イタリア人、エンニオ・モリコーネ

アーティスト名:

エンニオ・モリコーネ

 

ジャンル:

 映画音楽

 

出身地:

イタリア王国(現在のイタリア共和国の前身)ローマ

 

活動期間:

1950年代末期 – 2020年

 

メンバー:

 

略歴:ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で作曲技法を学んだ後、作曲家としてテレビ・ラジオ等の音楽を担当した。

1950年代末から映画音楽の作曲、編曲、楽曲指揮をしている。

映画音楽家デビューは1961年のルチアーノ・サルチェ監督の『ファシスト』。

1960年代はセルジオ・レオーネ監督とのコンビで、いわゆる「マカロニ・ウェスタン」作品で存在感を増していった(レオーネとのコンビは彼の遺作となった1984年の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』まで続いた)。

1986年
ローランド・ジョフィ監督の歴史映画『ミッション』で新境地を開拓、それ以後はイタリア国外でも評価が高まる。

1987年
『アンタッチャブル』でグラミー賞を受賞。

1989年
『ニュー・シネマ・パラダイス』で世界的な知名度を得た。

これまでに『天国の日々』(1978年)、『ミッション』(1986年)、『アンタッチャブル』(1987年)、『バグジー』(1991年)、『マレーナ』(2000年)、『ヘイトフル・エイト』(2016年)と、合計6回アカデミー賞作曲賞にノミネートされている(受賞は2016年の『ヘイトフル・エイト』)。

日本でも、2003年にNHKの大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』の音楽を担当している。

2007年
第79回アカデミー賞において名誉賞を受賞。

2016年
『ヘイトフル・エイト』の音楽で第88回アカデミー賞 作曲賞を受賞。

2017年
イタリア共和国功労勲章受章。

2019年
旭日小綬章受章。

2020年
ローマの病院で死去、91歳没。

主な作品:【サウンドトラック】​

 

●映画「Once Upon a Time in the West」(1968年)

 

●映画「ミッション」(1986年)

「ガブリエルのオーボエ」↓

 

 

●映画「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年)

「Love theme」↓

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました