ルーク・クームス
| favorite music

音楽

 

若きカントリースター、ルーク・クームス

アーティスト名/

ルーク・クームス

ジャンル/

カントリー

出身地/

アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロット

活動期間/

2014年 –

メンバー/

略歴/

1990年3月2日生まれ。
幼少期からヴォーカリストとして活動しており、高校在学中はフットボールに打ち込む傍ら、複数のヴォーカルグループと共演し、カーネギーホールでソロを披露するなど音楽活動を続けた。
その後、アパラチア州立大学に通い、バーの用心棒として働いてる際にそのバーのステージに立つ機会を得た。
初めて曲を書いたのは22歳の時だった。
大学4年の残り1か月を切った頃、カントリー・ミュージックのキャリアを追求するために中退した。
その後、音楽のためにテネシー州ナッシュビルに移り住む。
2014年2月、デビューEP『The Way She Rides』をリリース。
同年、2作目のEP『Can I Get an Outlaw』をリリース。
2015年11月、3作目のEP『This One’s for You』をリリース。
2016年、1stシングル『Hurricane』は初週に15,000枚を売り上げ、ビルボードのカントリー・チャートで初登場46位を記録した。
サウンズ・ライク・ナッシュビルの「注目のアーティスト」の1人に選ばれる。
ソニー・ミュージック・ナッシュビルと契約し、『This One’s for You』からのデビュー・シングル「Hurricane」がコロンビア・ナッシュビルから再リリースされ、2017年5月15日にカントリー・ラジオのエアプレイ・チャートで1位を獲得し、2週間その座をキープした。
2017年6月、メジャー・デビューアルバム『This One’s for You』をリリース、ビルボードのトップ・カントリー・アルバムで1位、Billboard 200では5位を記録した。
アルバムはデラックスバージョンも制作され、シングルとなった5曲すべてがBillboard Hot 100のTop40にチャートインした。
2019年2月、第61回グラミー賞の新人賞にノミネートされる。
8月、デビューアルバム『This One’s for You』がビルボードのトップ・カントリー・アルバム・チャートで44週目の1位を獲得し、男性アーティストによる同チャートの首位最長記録を更新。
2019年11月8日、2作目のアルバム『What You See Is What You Get』をリリースし、アルバムからはシングル「Beer Never Broke My Heart」「Even Though I’m Leaving」、Eric Churchとのデュエット曲「Does to Me」「Lovin’ on You」がリリースされた。
2020年5月、新型コロナウイルスのパンデミック中の生活の困難を描いた楽曲「Six Feet Apart」をリリースし、10月23日には2ndアルバムのデラックス・ヴァージョン『What You See Ain’t Always What You Get』をリリースした。”

主な作品/

スタジオアルバム
『This One’s for You』 (2017年)
Hurricane↓
『What You See Is What You Get』 (2019年)
Beer Never Broke My Heart↓

 

その他/


 

タイトルとURLをコピーしました